島をめぐりながらカフェや食べ物屋さんを攻略していこう

ローカルな食べ物を食べに出かけるという旅行が若い人たちの間で人気です。
都会で何でも食べられるようにはなったけれど、いつも同じような食べ物ばかりになってしまう。
そんな人たちに是非お勧めしたいのが「宮古島」です。

レンタカーを走らせながら

といいますのも、都会で食べられる料理の多くが「外国の料理」です。
確かに変わったものを食べられるけれど、日本にある食べ物をまだまだ食べ尽くしていないという感覚をお持ちの方も多いでしょう。
特に沖縄料理は、あまり本州ではなじみがないために見過ごされている側面があります。
本場の沖縄、宮古島で様々な食べ物を食べてみるのも良いでしょう。

観光の一環として

また、食べ物を食べつつ他の名所を巡るというのも大変良いですね。
たとえば、レンタカーを借りてまずは腹ごしらえを済ませる。
そして、島内に多数点在する観光スポットを巡りながら「ここってどんなものが食べられるのだろう」とワクワクしながらお店に入っていく。
こうすることでどんどん宮古島の食べ物を食べられますし、人々とのつながりを持つことが出来ますよ。

南国ならではの人の温かさ

人と人とのつながりが希薄化してきている今、沖縄にはまだまだ温かい人とのつながりがたくさん残っています。
皆さんもご存じのように、南国の人というのはその暖かい気候から想像できる大変陽気な人々が多いのです。
車を走らせながらも折々で人々とのつながりを大切にしましょう。

一日二日じゃわからない

沖縄宮古島の魅力というのは、レンタカーで一日や二日回っただけではわかりません。
1週間とか半月くらい休みを取って、ホテルに泊まりながらレンタカーでいろいろなドライビングスポットを巡ってみるのが大変良いでしょう。

関連する記事