橋はたくさんある。好きなだけ渡っていけ!

日本にはたくさんの橋があります。
山々が広がっている以上、川が出来るのは当たり前のことでそれを渡る橋が作られてきたのです。
一方、宮古島では島々が近くにあるけれど実際に訪れるためには船を使わなければならないという所もありました。
そんな不便さを解消するために、たくさんの橋が作られたのです。

ドライブにはオススメ

橋を実際に歩いてわたるには少し長い距離のある橋が多いのですが、ドライブをするならば宮古島の橋は非常にオススメです。
周りは青い海、空には青い空と白い雲が浮かびヒュンヒュンとあたかも空を飛んでいるような気分を味わうことが可能です。

来間島へ向かう来間大橋

宮古島にはいくつか大きな橋がありますが、まずは来間大橋をご紹介しましょう。
来間島と宮古島を結ぶこの橋は全長なんと1690メートルもあります。
橋の下には青い海が広がり、船も通れるようになっています。
自動車で走るもよし、また自転車やオートバイで通るのも良いかも知れませんね。

池間島へ向かう池間大橋

こちらも来間大橋に負けず劣らずにおおきい橋である「池間大橋」は、全長1425メートル。
まっすぐと続く橋を渡っている最中は、ついつい気持ちよくてスピードを出しすぎそうになりますが必ず法定速度を守りましょう。

何度でも渡りたくなる

交通量も都会に比べたら少ないですし、何より渡っていて気持ちの良い橋が都会にはそれほど存在しませんから何度でも渡りたくなってしまいます。
でも、橋の目的は両岸を結ぶことです。
宮古島から来間島や池間島に向かったら、どちらの島でも様々な楽しみ方が用意されているわけですから楽しんでみてくださいね。
自動車をどちらかにおいて、ちょっと長い距離だけど歩いてみるのも良いかも知れません。

関連する記事